資格取得・学べる環境でスキルアップを目指す!

さまざまな専門分野で質の高い医療への期待が寄せられる現代、看護師にも専門性が求められています。
そこで、学べる環境とより専門性の高い資格のご紹介をします。
「将来の目標がない」という人も、スキルアップすることで、選択肢の幅も広がり、視野も広がりますよ!

研修や勉強会など学べる環境が整っている職場を探そう

病院・施設・企業では、看護の質を高める為、最新の医療を患者さんに届けられる為と、様々な人材育成をしていることが多いです。大きな病院ですとラダー制による研修、オリジナルの教育プログラムがあり、施設では介護関連の研修が多いようです。また資 格支援を行っている職場もありますので、一度気になった病院があれば、調べてみてください。学ぶことにより、「さらに深く、学びたい!」と思えることも多いですよ。

キャリアアップへの近道は、目標を持ち、その専門分野の職場を探すこと!!

日本看護協会で資格認定を行う「専門看護師」「認定看護師」「認定看護管理者」は、専門的な看護ケアで医療サービスを
するスペシャリストです。
「専門看護師」・・・がん看護・精神看護・小児看護など11分野があります。
「認定看護師」・・・21分野で、訪問看護・がん化学療法看護・救急看護といった分野で活動しています。
「認定看護管理者」・・・看護分野の管理部門で組織を発展するために活動しています。
それぞれの分野で専門性の高い知識や技術を習得し認定資格を得ることで、チーム医療の一員として専門性を活かしながら、活躍できます。キャリアアップを図りたい人や今後の方向性が定まっていない人は、一度興味のある分野を追求してみましょう。

プラスアルファの能力を身につけると、職場の選択肢やお給料もアップ

正看護師の資格を活かして目指せる専門職があることをご存知でしょうか?
「保健師」は保健師国家資格、「助産師」は助産師国家資格、「養護教諭」は養護教諭一種免許といったように、
正看護師の国家資格とそれぞれの資格を取得することで専門職として働くことができます。
例えば「保健師」は保健所の他、病院・訪問看護ステーション・介護保険施設・民間企業・大学など職場も多く、
夜勤もありません。また「助産師」は看護師とほぼ職場は同じになりますが、お給料面が変わってきます。

求人を探す際には、まず今後の目標があるとビジョンも広がり、自分に適した職場が見つかりやすいですよ。
転職し専門性をより深めることで、看護スキルを向上させるチャンスにもなります。

おすすめ記事ピックアップ